「うちの子、英語を習ったことが
ないし、家でも特に勉強してないし、
中学校に入ってからの英語の授業に
ついていけるのかしら…」

「中学入試に追われて英語は
手付かず。合格した中学校で
ちゃんとやっていけるのかしら…」
なんて心配をされておられるお母様、 その心配、ズバリ当たっています!
英語の勉強は中学校に入ってからでも大丈夫、
もしそのようにお考えでしたら要注意です。
なぜなら、中学校1年生がお子様の英語学習において
大きな分かれ道になってしまうからです。

  • (1)英語は2 番目に嫌いな科目:中学生の英語「好き」な順番は9 教科中8 番目、
  • (2)過半数の中学生が授業についてゆけていない:「英語授業が70%以上わかっている」生徒は全体の40%、
  • (3)最大のつまづき要因は
    • 一位が「文法が理解できない」(全体の78.6%)
    • 二位が「テストで思うような点が取れない」(72.7%)
    • 三位が「英語の文を書くのが難しい」(72.0%)、
  • (4)「英語が苦手」と答えた生徒の78%が、中1 後半期までに英語が苦手になっている、

※ベネッセ教育開発センターが全国の中学2 年生に対して1月の時点で行った調査 『第一回中学校英語に関する調査報告書』(酒井,2010) 「多くの中学生は、中学1年生のどこかの時点ですでに英語が苦手で嫌いになってしまっている」という事実をご存じでしたでしょうか?

そしてその大きな理由には「英語が読めない・書けない」と言った背景があります。

読めないし、書けない、このような状況下での勉強が楽しいはずがありませんよね。テストの点もうまく取れませんし、必然的にお子さんは英語の勉強を敬遠するように…。勉強をしないから益々周りの友達との差が開き、ドンドン苦手に…。まさに負のスパイラルです。特に進学校の英語は進度が早く、手を打たないとあっという間に落ちこぼれてしまいます。

そもそもなぜ中学生のお子様が英単語を
「読めない・書けない」となるのか、
その理由をお母様はご存知ですか??

中学校に入っても成績が上がらない子は
「ココ」が出来ていません!!

アルファベット文字を習う時、まず最初「ローマ字」を覚える事から始まりますよね。しかし、実は「ココ」に問題があり、英単語を覚えるのが苦手な子供の場合特にこの問題が大きな壁となる事が多いのをご存知でしょうか??

ローマ字から単語を覚える勉強は今すぐ止めてください!!

例えば、「u」と言う文字、これはローマ字で何と読みますでしょうか?

そう、「ウ」ですよね。しかしながらこれはあくまでローマ字として読んだ場合においての発音で、チャンツを使って学ぶ場合には「u」は「ア(暗い音色のア)」と覚えます。 なぜなら「u」と言う文字を実際の単語の中で使う場合、「ウ」と呼ばない事がほとんどだからです。

up(アップ), uncle(アンクル), umbrella(アンブレラ)

上記単語を読んでみて下さい。「u」から始まるどれも簡単な英単語ですが、読んでみるとお分かり頂けるように「ウ」とは読まないですよね。全て「ア」です。途中にあるuも、sun(サン), bus(バス)など多くの単語では「ア」と発音します。 あるいは、「ユー」と読む事もあります。use(ユーズ), uniform(ユーニフォーム), student(スチューデント)などです。

secParts06

put, fullは「ウ」ですが、 uを「ウ」と読む単語はごくごく少数です。ですから例えば頭の中で「アップ」と言う言葉自体は知っていても、「ア=u」となっていなければその単語のつづりを書く事が出来ません。あくまで「u=ウ」として覚えているので、upの「ア」が「u」という風に頭で繋(つな)がっていかないのですね。

太陽のサン、交通機関のバス、と、頭の中で単語の音(発音)を知っていても、「ア=u」となっていなければ、書けないのです。 これが、ローマ字を使う事で、その単語を音として覚えていても実際には「書けない・読めない」子供を生み出してしまう今の英語教育の現状なのです。

もう一つの弊害

ローマ字を使って単語を覚える場合のもう一つの弊害は、英語の発音をローマ字に引き寄せて覚えてしまう、ということがあります。 ローマ字は、あくまで「日本語」の発音をアルファベット文字で表わしたものにすぎません。だから、ローマ字で単語を読んで覚えると、英語の単語を日本語の発音を使って覚えることになるのです。 secParts08

だから、せっかく覚えた単語が、リスニング試験や実際の英会話の中で出てきても聞き取れないのです。単語を日本語の発音で覚えているから英語の発音を耳が受け付けないのです。

同様に、自分が口に出して言った英語を、外国人に聞き取ってもらえないのです。発音が正しくないからです。これこそ、日本人は英会話ができない、ということの大きな原因になっています。 英語をローマ字で覚えようとすると、このように「読めない・書けない・聞き取れない・話せない」といった問題を生み出してしまいます。

上記では非常に簡単な英単語を例に挙げましたが、これがスペルの難しい単語になればもっとこの問題は深刻になります。 もしお子様が単語を読むのが苦手、書くのも苦手、全く聞き取れない、このような状態だったとしたら今すぐローマ字で英単語を暗記する勉強法は止めてください。

「ミラクルメソッド☆英単語1200」なら、
英語が苦手なお子様でも、短時間で着実に英単語を、
正しい発音とともに、マスターすることが出来ます。

「楽しく」学べるから小学生のお子様でも大丈夫!
ミラクルメソッド☆英単語1200で
英単語をマスターした子供たちが続々と!

まずはこちらの動画をご覧ください。左側の動画ではミラクルメソッド英単語1200のコンセプトを、右側の動画では、著者の一人であるドブソン先生の声を取り上げました。

「英語を書くのがはじめて」「英語が大の苦手」「中々単語が覚えられない」 このような状態でも問題ありません。どんなお子様でも60日で1200語もの単語をあっと言う間に覚えることができる勉強法。それが「ミラクルメソッド☆英単語1200」の学習法なのです。

子供は基本的に
耳から言葉を覚える。

聞く事こそ、語学学習の基本

英単語をメロディーに乗せて歌や音楽のように覚えていく、
それが「ミラクルメソッド☆英単語1200」の学習法です!

「チャンツ」という言葉を聞いた事はありますでしょうか?
「チャンツ」とは
音の力を使って英語を学ぶ
学習法のことです。

英単語をメロディーに乗せて歌や音楽のようにして英単語を覚えて行くのがチャンツを使った学習法です。単純に英単語をひたすら文字として覚えるのではなく、音として耳から覚える事が出来ますので、特に幼児の英語教育などにおいては非常に効果的な方法とされています。

なぜなら子供は基本的に耳から言葉を覚えるからです。

日本語においても、子供は例えば親や周囲の人たちが話しているのを実際に聞いて少しずつ言葉を覚えて行きますよね。(文字を)目で見て言葉を覚えているのではありません。なぜなら言葉を覚える段階ではまだ字が読めませんからね、まずは耳から覚えていくわけです。

チャンツを使って音のチカラで学べば、耳から覚えてしっかりとつづり字まで覚える事が出来ますので、文字として英単語のスペルを間違えることなく書けるようになります。

実際に「ミラクルメソッド☆英単語1200」の
勉強法で学んでいるお子様の様子をご覧ください


上記の動画は、英単語が覚えるのが苦手な小学生に実際にチャンツを使って学習している風景になります。チャンツを使った学習を始めてちょうど1週間ほどたった頃に撮影しました。いかがでしょうか?
1週間ほどで、もうしっかりと多くの英単語が耳から覚える事はもちろん、単語のつづり字も頭に入って来ているようなので、耳から聞きながら同時に文字として書く事が出来るようになっていますよね。これがチャンツを使った学習法になります。

「ミラクルメソッド☆英単語1200」で学ぶ3つのメリット

その1:覚えるのが苦手なお子様でも「メロディーに乗せて覚える」ことでしっかりと記憶に定着

secParts09もしお子様が単語を覚えることが苦手でも大丈夫です。チャンツで学ぶ「ミラクルメソッド☆英単語1200」なら、繰り返し学習することで着実に頭に入っていきます。メロディーに乗せることで単純に暗記するよりも何倍も暗記しやすくなるのです。

続きを読む

さらにテキスト完全対応のワークブックを使って、チャンツを聞きながら英単語を「聞きながら書く」勉強ができます。メロディーにしたがってただ書いていくだけですので、その他の英単語暗記教材と違い、毎日楽しくラクに学習できます。merit

その2:つづり字を覚えられるから、覚えた単語が「読める・書ける」

secParts10
「ミラクルメソッド☆英単語1200」方式のチャンツで英単語を覚えると、同時に「つづり字」を覚えることが出来ます。その結果、読めるようになりますし、書けるようにもなります。ただ英単語を覚えられるだけでなく、しっかりと読めて・書ける英単語が身に付きます。

続きを読む

例えば「 イー」という発音はeaと書き、「チ」という発音はchと書く、という知識*を知れば、「イーチ」という音から覚えた単語はeachと書き下す事ができます。eachが習得できれば、音から覚えた「ビーチ」「ピーチ」「ティーチ」が一挙にbeach、peach、teachと書ける!ということになります。each        チャンツの音楽にのせて楽しみながら「音」で覚えた英単語を、英語圏の年少の子供たちが学ぶ学習法*で一気に文字に書き下す、というのがミラクルメソッドの英単語学習法なのです。本書に登場する英単語は、現役東大生が選んだテストや受験に必須の中学生レベル基礎英単語**で、いわゆるお子様向けフォニックス英語教材にあるような、動物や果物、色のような単語は、あまり出てきません。学業に役立つ英単語をラクに学ぶ、これがミラクルメソッドのコンセプトなのです。

*この知識や学習法のことをフォニックスと呼びます。
**一部は高校生レベルの単語になっています。

その3:楽しいから続けられる、続けられるから結果に繋がる

secParts11
お子さんの学習環境において「楽しく学べる」という学習要素は非常に重要です。英単語をただひたすら反復練習をするだけの暗記法と違い、メロディーに乗せて覚える学習方法は飽きっぽい・苦手意識のあるお子様には非常に効果的です。

続きを読む
ミラクルメソッドの英語チャンツには、不思議な力があります。
きっと皆様のお子様の心もつかんでくれることでしょう。

(2歳児も英語チャンツが大好き)

もし中学校に入学する前に英語が「読めて書け」たら、それはお子様にとって、とても有利に働きます。

sec07Img01 お子様が中学校に入る前に、基礎的な英単語の読み書きをマスターしていれば、学校の授業で出てくる新出単語も、その場で読むことができます。また単語が単純なものであれば「音」を使って即座に暗記することもできます。

続きを読む
単語を耳から聞いて「音」で暗記することは文字(スペル)を頼りに「見て」「書いて」暗記することより、はるかに簡単だからです。加えて、授業で習った単語や文章をノートに(スペルを間違えることなしに)正確に書き取って家に持ち帰ることができます。
家では、「読み書き」が身に付いているので、その日に学習して意味や内容のわかったテキストの英文を音読して復習できます。音読の復習こそ、英語学習の効果を最も高めるやり方なのです。
中学校入学時に、ある程度読み書きができ、家庭で音読学習に取り組めるお子様は、授業を楽しんで受けることができ、のちのち英語嫌いになることも、落ちこぼれることもまず無いのです。

気がついたらお子さんが英語の勉強を自主的に行っている姿を想像できますか?

sec07Img02 塾には行きたくない、そんなお子様でもやはり英語の成績が悪いことには自分で思い悩んでいることが多いです。

続きを読む
勉強はあまり好きじゃない、その中でも英語は特に苦手、そんなお子様にこそ、この「ミラクルメソッド☆英単語1200」をおすすめします。 チャンツを使ったメロディーに乗せた英単語の覚え方は、楽しみながらしっかりとつづり字も暗記できます。
楽しいからお子様が自主的に英語の勉強をするようになった、そのようなお声も多く頂いております。

「ケンブリッジ大卒の英語教師」と「現役東大生」が開発

英語が苦手な子供の為に
「ケンブリッジ大卒の英語教師」と「現役東大生」が開発した英語教材、
それがこの「ミラクルメソッド☆英単語1200」です。

secParts04 「ミラクルメソッド☆英単語1200」は、現在、イギリスの公立小学校で英語教諭として働いているイギリス人のドブソン氏と現役東大生であり塾講師の経験のあるコヤマさんが開発した英単語学習教材です。

「本当の英語力を身に付けたい、自分の子供にはしっかりと身に付く英語を学ばせたい」そう思う保護者も増えてきた今の時代、本書は3年間の制作期間を経て、「短期間でしっかりと英単語を見に付ける事が出来る学習教材」として販売を開始しました。

塾や英会話スクールと比較してみてください。
非常にリーズナブルでありながら、しっかりとした学習効果も期待できます。

続きを読む

もし中学英語の準備のために小学校6年生の2月から塾に2か月行くとしたら・・

K塾
幼児・小学生 1ヶ月6,480円 を2ヶ月分
専用リスニング機器 6,480円
合計 19,440円(税込)
O塾
小1~小6対象の
英語クラス
週1回 1ヶ月
5,400円~8,640円を2ヶ月分
入塾金 8,640円
合計 19,440円~17,280円(税込)

もし中学英語の準備のために小学校6年生の2月から英会話スクールに2か月行くとしたら・・

こども英会話専門校A(各種設備費込の金額)
小学生 週1回1ヶ月
(日本人講師)
8,964円~9,396円を2ヶ月分
入学金 10,800円
入学登録料 3,240円
合計 31,968~32,832円(税込)
小学生 週1回1ヶ月
(外国人講師)
10,260円を2ヶ月分
入学金 10,800円
入学登録料 3,240円
合計 34,560円(税込)
こども英会話教室E
小学生 週1回1ヶ月 6480円を2ヶ月分
入学金 5400円
教材費 19540円
合計 31420円(税込)
ミラクルメソッド英単語1200ならば、
たった13,284円(送料・税込)で中学英語準備ができる!
(教材は、中学入学後も引き続きご使用いただけます)

もう1つの比較をしましょう。
書店にある、いわゆる英語の学習参考書との比較です。

学習参考書であれば、だいたい1,000円~4,000円の範囲で購入できます。
勉強のできる、勉強好きなお子様には、こちらの方を是非オススメします。

しかし、もし、みなさまのお子様が、勉強が苦手だったり、英語嫌いだったらどうでしょうか・・・

ミラクルメソッド英単語1200は、英語嫌いのお子様が、英語の勉強にはじめて取り組めた、という実績もある教材です。

また、工夫次第で、さまざまな使い方のできる教材です。

13,284円が、市販の学習参考書と比べて「高い」のか「安い」のかは、お子様が使ってみてはじめて分かる事かもしれません。

hikakuImg

sample01sample02sample03sample04

楽しくないから続かない…そんなお子様には!

英語が苦手で単語を中々覚えられない…
ただ言葉やつづりを覚えるだけの勉強は楽しくないから続かない…
そんなお子様には、「ミラクルメソッド☆英単語1200」で
楽しく英単語を覚える方法を教えてあげて下さい。

1日15分からの勉強で大丈夫です。楽しく続けていくだけで1200語の英単語がしっかりとマスターできます。「ミラクルメソッド☆英単語1200」には専用のワークブックもお付けしています。CDを聞きながら、書いて学ぶ学習を加えることでより効果的に学ぶことが可能です。テストや受験のための英単語は「ミラクルメソッド☆英単語1200」で大助かり!多くのお子様達がその効果を実感しています。

書いて学べる専用赤下敷きは、こんなに便利!?

赤下敷きの窓からは日本語部分しか見えません。日本語に示される単語を赤下敷きにマーカーで書きます。その後つづり字が正しく書けているかどうかを本を見ながら答え合わせします。

この赤下敷きとマーカーを使えばカラフルなテキストを楽しみながら、いつでもどこでも「書いて」英単語学習ができます。ピクニックや旅先に持って行き、お母様と楽しみながらお子さまに英単語を書いてもらってはいかがでしょうか?

専用下敷きと赤マーカー

最後にミラクルメソッド編集部より

グローバル化が叫ばれる昨今では、「英語を身につける」と言う事は社会人として大きな「武器」を身に付ける事にも繋がります。
しかしながら実際にはどうかと言うと、多くの人が英語に対する苦手意識をもっており、そしてその多くは「中学生」の時点ですでに英語を諦めたり、苦手意識をもったりしているのが現状です。英語は正しく学べば誰でも上達しますし、身に付ける事が出来るものなのです。
ミラクルメソッドを経験することが、「英語は難しくない」と思うきっかけになればと思っています。英語学習においては文法なども重要視される事が多いのですが、まずはやはりあなたのお子様にも単語力を付けさせてあげて下さい。そうすることで学校のテストや受験などの点数が取れるようになり、それが苦手意識の克服に繋がります。「楽しい」そう感じる事が「上達」の第一歩ではないでしょうか。
ミラクルメソッドは「楽しく英単語を身にける事が出来る」そんな教材として作成しました。ぜひ当教材を使って、英単語を音の力でラクラクとマスターしてください。(販売はオクト・アンド・カンパニーからになります。詳しくはページ下の「よくある質問」を参照して下さい)
btnFacebook