小学生の英語力をアップさせる秘密

  1. 小学生の英語学習の強みは「耳」です。耳から学習をすることが最も効果的です。「聞いて」話す。「聞いて」書く。まずは「聞く」というところが学習のスタートです。

次に「聞いた」ことを口から「話す」ことです。なぜ「話す」のか? この「話す」ことも自分の耳に「聞かせる」ためなのです。

英語脳

英語を聞く ⇒ 真似をしながら声に出して言ってみる ⇒ 自分が言った音声を自分の耳が聞く 

これを繰り返すことで、言語中枢は開発されていくのです。

さて、ここで問題となるのは小学校3年生で行われているローマ字学習です。ローマ字は、日本語の発音を使ってアルファベット文字を学習する勉強です。

残念なことにローマ字学習はアルファベット文字を日本語の発音と関連付けてしまいます。すると英語を習い始めた時、大きな混乱がお子様の中に生じます。

ローマ字学習の前に英語の発音でアルファベットを覚えておくことこそが、将来のお子様の英語学習に大きな差をつけます。

テキストの「英語をはじめて学ぶお友だちへ」の章を使って、小学校でローマ字を習う前にお子様にアルファベットの大文字・小文字を英語の発音で覚えさせましょう。発音は、文字といっしょに覚えれば、音だけで覚える場合より、強く記憶に残ります。また、年齢の低い時に英語音声に触れる訳ですから、英語の言語中枢も開発され、英語脳へ近づくことができます。

同時にcat(ネコ)、dog(犬)のような簡単な単語も英語で発音できるようになっておきましょう。 そうすることで、ローマ字が将来の英語学習を邪魔することはなくなるでしょう。

もしお子様が外国人講師による英会話レッスンを受けておられれば、ミラクルメソッド英単語1200で学習すると英会話レッスンで身につけた英単語や英語の文章を読めて書けるようになります。 なぜなら、もともとこの方法は、英語圏の小学校低学年のお子様が文字の読み書きを身につける学習法を応用したものだからです。 イギリスのナショナルカリキュラムも重視している「発音とつづり字のルール」は、日本の子供達の英語学習にも効果的に働きます。

発音とつづり字のルール2

英語を全く習っておられないお子様には、小学校低学年の間にアルファベット文字を英語の発音で覚え、小学校高学年になったら中学準備のために100語~200語くらいの英単語を「発音とつづり字のルール」にのっとり暗記しておく。そして中学1~2年の間に一気に1200語をマスターする、という学習法をお勧めします。そうすれば無理なく中学英語にランディングできるはずです。

英会話レッスンなどで英語を習っておられるお子様なら小学生の間に一気に1200語を学ぶことも可能です。

もう一つのポイントは「楽しく」学ぶこと

英語が大事だからといって、机の上でただ書いて丸暗記するだけの英単語学習法は正直言ってとても退屈です。小学生のお子さまにとって勉強はたださえ退屈なのに、ドリル形式の教材を使ってひたすら書いて覚えたり、単語帳などを使って呪文のように何度もつぶやきながら額に汗をかいて覚える勉強法では、おもしろくないから続きません。特に塾などでは「どんな方法でもいいから、とにかく覚えておいで。次はテストするよ」という感じの問答無用で丸暗記を促す指導が多いかもしれません。

しかし勉強は楽しくなければ続きません。このような勉強法を続けていると、だんだん英語に嫌気がさしていき、中学校に入る前にすっかり「英語嫌い」になっていたり、英語に自信をなくしてしまっている、ということにもなりかねません。英語は大人になってもからもずっと付き合っていかなければならない大切な教科であり、できれば仕事でも役立つ「スキル」と呼べるレベルになるまで育ててあげたい科目です。お子さまに自主的に勉強に取り組んでもらえるよう小学生の間に「地ならし」をしておくことが大事だと思います。

そのためには、お子さまにいかにして英語に興味深く取り組んでもらえるかを考えながら、親御さまの方でも慎重に英語の教材を選び、お子さまに与えることが大切かと思います。

ミラクルランドの妖精ミチルちゃん

ミラクルメソッド編集部では、「楽しく」にこだわった教材作りを常に心がけています。例えば、ブログにも書きましたが付属で付いてくる無料教材の【ミラクルメソッド英単語暗記大作戦】では、漫画を読み音声クイズを解くだけで英単語暗記の「全てのコツ」を身に付けられるようになっています(ブログページに行くにはここをクリック)。そして「ミラクルメソッド英単語1200」による1200語の単語暗記へとつないでいくことができます。

是非、ミラクルメソッドの教材をお試し下さい!

ミラクルメソッド編集部