進学校の「中1英語」は要注意

中高一貫の進学校に通う中1のお母様から以下のようなメールをいただきました。

* *

「私立中学校1年生の娘を持つ母親です。娘は中学受験にチャレンジし懸命に努力した結果、難関校とされるある中高一貫の進学校(女子校)に今春入学することができました。しかし娘は夏休みに入る前に学校の英語授業から落ちこぼれてしまいました。

1学期最後の担任との面談で、授業のスピードが余りにも速すぎること、単語も覚える量が多すぎるのではないかと質問しました。すると担任は「このやり方の方が伸びます。実際、このやり方だからこそ学校の成績も全国でトップクラスなのです。」と取りあってくれませんでした。

実績があると先生は強調されましたが、教科書も”特異”なもので参考書も出ておらず娘はついていけておりません。もちろんコツコツと英文や単語を覚えることが嫌いだという本人の性格もあり、学校の教え方だけが原因というわけではありませが、私が一番心配するのは理解できないまま授業が進んでしまって、英語に苦手意識を持ち、英語の勉強を避けるようになることです。

最初からついていけなかったので一学期の成績が極端に悪く、その成績を見て危機感を持った娘はそれなりに頑張ってテストの勉強をするのですが結果が出ません。見ていてかわいそうになることもあります。娘はだんだんとやる気を失いつつあります。中学1年の12月に英語に対してやる気を失い諦めてしまう、というのは、親としては愕然とするものがあります。家族一丸となってあんなに頑張って合格した念願の中学校でこんなに早く英語に落ちこぼれてしまうとは誤算としか言いようがありません。どうすれば良かったのでしょうか・・・?」

* *

中学受験で勝ち抜いて合格した私立名門中学校。しかし待っていたのは地獄のような英語の授業。ものすごい量の英単語。とんでもないスピードで進む授業。暗記しなければならない知識の量が半端じゃない・・。

これが現実です。

公立中学校の場合、それなりに努力すれば英語のテストの点数は上がります。しかし中高一貫の私立中学校や国立大附属中学校は、進学校としての名声が高ければ高いほど、その学校の偏差値が上であれば上であるほど英語の授業は大変な努力を要するものとなっています。

ミラクルメソッド英単語1200の著者Tomokoさん(現役で東大合格)の中学校も中高一貫の名門私立中学校でした。彼女が中学1年のゴールデンウイーク明け(5月6、7日あたり)に受けた単語テストの単語数は250語近くありました。そのうちの基礎単語部分(122語)を第5章に載せています。

さすがに「ゴールデンウイーク明けまでに覚える英単語」と書くと引いてしまうお子様が多いと思いテキストでは「中学1年の夏休み終了までに征服する単語」としました。

どんな単語かといえば下記の単語です。(分かりやすくお見せするためフルカラーのテキストではなくワークブックの方を掲載しました。)下の2ページに加え、さらに2ページあります。

ワークブックから抜粋

メールをくださったお母様の質問「どうすれば良かったのでしょうか・・・?」にお答えするとしたら、中学受験をすると決めた時に「合格後から中学入学までの単語暗記のスケジュール」も同時に考えておく必要があったのかもしれません、ということになるかと思います。

合格が決まったら、まずアルファベット小文字を覚え、英単語暗記に進みます。学校によっては春休みの宿題として文字を覚えるためのペンマンシップと簡単な単語や英文の載った小冊子をくださるところも多いかと思います。この小冊子はただ「やる」だけではなく、全ての例文や単語は暗記できている必要があります。さらに、ある程度英語の読み書きができるようになって(できれば第5章にある基本英単語は書けるようになって)中学に入学した方が安全です。

Tomokoさんは「発音とつづり字のルール」を使って英単語を大量に覚える「コツ」を中学に入学する前に身につけていたので、単語暗記で困ることはありませんでした。これは知っておられるお母様も多いかと思いますが「フォニックス」と呼ばれる方法です。

ミラクルメソッド 英単語1200は、「フォニックス」を日本の学校英語に役立つように編纂(へんさん)した教本です。単語のつづり字を分解し類似性に着目することで、つづり字の暗記を助ける効果的な技術として提示してあります。一つ例をお見せしましょう。

ui を「イ」と読むことを知っていれば、ギター guitar のつづり字が簡単に覚えられます。また、キルト布はquilt (キルト)と簡単に暗記できます。

・さらに、左半分のbuildとbuildingの単語では「build」部分が共通です。右半分のguilt、guilty、 quiltの3つの単語では「uilt」部分が共通です。

共通部分黄色に塗ってあり、分かりやすく示してあります。こうやって単語のつづり字を分解し一気にたくさん覚えられるように、覚え方を提示しています。

結果的にTomokoさんはその「技」を使って、英語の授業に落ちこぼれることなく、むしろ英語を得意科目にすることができました。

中学入試の合格は決してハッピーエンドではありません。「英語」という「試練」の始まりだと考えた方がよいかもしれません。その試練には、賢く対応する必要があります。そもそも英語の勉強はお子様の人生にとってプラスになるわけだから、先取り学習など、英語を積極的に取り組んでも絶対にマイナスになることはないのです。(一つだけ気をつけるとしたら、あまりにも親御さまが英語教育に熱心になりすぎて、お子様に英語学習を強制し、お子様を英語嫌いにしてしまうことです。)

中学入試が終わったら、すぐにアルファベット文字を覚え、読み書きの学習をスタートさせることが得策です。そしてできれば中学校入学前に英単語暗記の「コツ」をつかんでおくことが賢明です。

せっかくの合格です。お子様には念願の中学校に入ってからも学業において落ちこぼれることなく充実した学校生活を送って欲しいものです。そのためには・・そう、「中1英語」に注意が必要なのです。

冬休みに英語の「読み書き」を身につけよう!

(年末年始のお知らせは最後にあります) 

【ミラクルメソッド英単語暗記大作戦】で学べば、ローマ字読みと英語読みの違いが分かるようになるから、英単語が正しく「書ける」「読める」「話せる」!

お子様がまだアルファベットの小文字を学んでいらっしゃらなければ、冬休みを利用した英語の「文字」と「読み書き」の学習はいかがですか? お父様やお母様もお正月休みで家にいらっしゃるので、すき間時間にぜひお子様の英語学習を見てあげてはどうでしょうか。

特にお正月の準備に忙しいお母様の代わりに、お父様、あるいはおじい様、おばあ様がお子様のお世話をされることも多いかと思います。その時に、どうせならばお父様やおじい様の英語力のアップにもつながるミラクルメソッドシリーズで、楽しくお子様の英語学習をサポートされてはいかがでしょうか?

こんな風におじいさんといっしょに「音声クイズ」に挑戦してみては?

なぜ、保護者の方の英語力アップにもつながるかというと、ミラクルメソッド英単語暗記大作戦は、日本語と英語の発音の違いを分かりやすく説明しながら英単語を学ぶ教材だからです。(そのような教材で英語を学ばれたことのある保護者の方はほとんどいらっしゃらないかと思います。)

この教材を使うと、単語のスペルが書けるようになるだけでなく、「正しい」発音も「理屈を理解した上で」正しく身につきます。また、ゲーム感覚で取り組めますので、大人の方にはまるで娯楽本に取り組んでいるように楽しく英単語を学ぶことができます。「対象年齢」のページにも書きましたが、大人のファンが増えているのはそういう理由です。

英単語に困っている中学1年生の皆さん、2年生に進級すると暗記する英単語の量が大幅に増えます。冬休み中に「ローマ字つづり」から脱出し「英語つづり字」の“仕組み”を学びませんか?するとするとおもしろいように英単語が書けたり暗記できるようになります。


年末年始の行事のすき間時間に、ぜひお父様、お母様、おじい様、おばあ様もお子様とご一緒に英単語暗記にチャレンジしていただければ、お子様にとって楽しく充実した冬休みになるかと思います。ぜひご検討ください!

ーーーーーーーーーーーーー

年末は、2017年12月29日(金)午前中までの注文分を午後に発送します。それが本年最後の発送となります。

年明けは、2018年1月5日(金)より発送を開始します。

2017年12月30日〜2018年1月4日の注文分は、2018年1月5日の発送となります。

なお、1月6日(土)、7日(日)、8日(祝)はお休みになります。