ミラクルメソッド編集部ブログ   >  理念・考え方

プランB英語教育 〜 ミラクルメソッドの考え方

本屋さんに行けば、さまざまなレベルの生徒に対して、さまざまな教材や学習参考書があります。

でも、これらの教材はうまく機能しているのでしょうか?

トップページにも掲載しましたが、下記のベネッセの統計を見ると、機能しているとは言いにくいと思います。

  • (1)英語は2 番目に嫌いな科目:中学生の英語「好き」な順番は9 教科中8 番目、
  • (2)過半数の中学生が授業についてゆけていない:「英語授業が70%以上わかっている」生徒は全体の40%、
  • (3)最大のつまづき要因は
    • 一位が「文法が理解できない」(全体の78.6%)
    • 二位が「テストで思うような点が取れない」(72.7%)
    • 三位が「英語の文を書くのが難しい」(72.0%)、
  • (4)「英語が苦手」と答えた生徒の78%が、中1 後半期までに英語が苦手になっている、

※ベネッセ教育開発センターが全国の中学2 年生に対して1月の時点で行った調査 『第一回中学校英語に関する調査報告書』(酒井,2010)

実際、英語に困っている子供を持つ親はもっと切実で、何か良い教材が無いかと必死で探しておられます。なぜ、本屋さんにある教材はそのような子供たちに機能しないのでしょうか?

中学生や高校生のための教材は、それが優秀なお子様向けであっても、そうでないお子様向けであっても一つの共通点があります。それは、文科省の学習指導要領に沿っている、という点です。学校で使う教科書から市販の学習参考書まで多くの教材が同じことを考えながら、すなわち(あたり前ですが)学習指導要領に従いながら作られています。そして市場にあふれています。

この学習指導要領に沿った方式が、実は、一部の苦手な子供達にはうまく働かないのです。

たとえば、アルファベットを覚えさせる順番は、abcde..ですよね?この覚え方は、勉強の出来ない子が英語の読み書きを身につけようとしたときには、とても難しい覚え方なのです。ミラクルメソッド方式cdgqaを使えば、あっというまに覚えられます。

そこで私達は考えました。つまり文科省学習指導要領ではなく「ミラクルメソッド」に基づいた教材を作ってみよう、と。
こんな、へんてこな教え方をする学習参考書は無いですね。でも見る人が見れば、価値を分かって貰えると思うのです。文科省の学習指導要領ではうまく働かない子供達用の教材です。

・・・・・・

ところで小学生向けの教材はどうでしょうか?

小学生教材もまた市場にあふれています。学習指導要領の「しばり」が無いので、自由な発想で多くのすばらしい教材がたくさんあります。ただ、これらの教材にも別の問題点があります。中学校からの学習指導要領の英語に移行しにくいのです。あまりにも教える内容に落差(ギャップ)があり、試験英語、受験英語の力には結びついていかないのです。

・・・・・・
文科省の学習指導要領で私も学びましたし、私自身は英語が大得意だったので学習指導要領の内容に一切不満はありません。でも英語に困った子供たち、中学校の定期テストで白紙に近い答案用紙を前に途方に暮れている生徒さんを見た時、何かできないものか、と思いました。

ミラクルメソッドシリーズは、文科省学習指導要領から少しはずれるかもしれませんが、
ユニークなアプローチで「おもしろく」「分かりやすい」英語教育を提案します。
私達は、この教育をプランB
 英語教育と呼んでいます。

PlanB_concept1

*プランAとは:本来の計画・方法、ここでは文科省学習指導要領に沿った教育

**プランBとは:プランAがうまく行かなかった場合のための計画・方法


 

英語教材のあり方

勉強の出来るお子様、理解力のあるお子様、辛抱強いお子様に向けた教材はたくさんあります。

しかし勉強が苦手で、気が散りやすく、集中力のないお子様に向けた教材はほとんど見かけません。さらに最近では、タブレットによる学習教材も登場するなど昔とは全く違った学習形態も見られるようになりました。

ミラクルメソッド英単語1200は、テキストとワークブック、そしてCDという昔ながらの形式の教材となっています。この形をわざわざ選んだのは、ミラクルメソッド英単語1200は、勉強が苦手で、気が散りやすく、集中力のないお子様にこそ取り組んで欲しいと考えたからです。

集中力があり勉強の出来る子供ほどタブレットなどの最新のデバイスが役に立つと思います。自由自在に使いこなし、より深く勉強することがきっと可能でしょう。しかし、気が散りやすいお子様、すぐに遊び心の芽生えてしまうお子様にとってタブレットは効果的でしょうか? これらのお子様たちは、もしかしたら、タブレットを勉強道具ではなく、オモチャのように感じてしまい「遊んで」しまうかもしれませんせん。

確かにミラクルメソッド英単語1200も「遊び心」いっぱいの教材です。しかし学んで欲しい部分や学習の意図は教材を広げたお子様が「見ればわかる」ように作ってあります。昔ながらの教材デザインだから、手に取るお子様も「漫画がいっぱいだけど、勉強するためのものなんだ」と感じてもらえるのです。

ミラクルメソッド英単語1200は、勉強に苦手感のあるお子様、英語嫌いのお子様にこそ、ぜひ使って欲しい教材です。

(完)

ミラクルをください

ある真夜中の出来事でした。小さな薬局のドアをたたく音に気がつき、店主であるイーライリリー大佐がドアを開けました。そこには小さな女の子が、自分のありったけのお小遣いを握りしめて立っていました。お母さんの薬を買いに来たと言うのです。大佐が薬の名前を尋ねたところ、

ミラクルを下さい

と答えました。

この子の危篤の母親を往診していたお医者さまが「お母さんを治せるのはミラクルしかないんだよ。」と女の子に告げたため、ありったけのおこずかいを持って走って薬局に「ミラクル」を買いに来たという訳です。

イーライリリー大佐はこの出来事に強く心を動かされ、不治の病を直すことのできる薬を開発したいと願い製薬会社を作りました。現在イーライリリー社として世界的な製薬企業に成長しました。

________

分野は違いますが、ミラクルメソッド編集部は、

ミラクルをください

と言う子供たちに、ミラクルメソッドシリーズを通しミラクルを届けたいと思っています。

英語が苦手な子供たち、英語に困っている子供たちに私たちはミラクルを届けます。

(完)

send_miracle